からだにいいこと”preco”は、プレコンセプションケアのこと。で、それって何??

こんにちは、飯田です。

この旗の台整体院・妊活専門サイトでは、初のブログを書いています。

これから不妊治療や妊活サポートにまつわることは、こちらで色々と書いていきますので、よろしくお願いいたします。

さて、11月16日に発売された、「からだにいいことpreco」というムック本をご存知でしょうか?

今回が創刊号なのですが、こちらに当院の情報を掲載して頂きました。

まず気になるのは「precoって何?」ですよね(笑)

precoは、pre conception care(プレコンセプションケア)からの造語で、
「生殖」についての医療の取り組みの一つです。

私はこのムック本の企画を聞いてから初めて知った言葉でした。

コンセプションは「受胎、妊娠」のことなので、
プレコンセプションケアは、妊娠前からのケアと言えます。

世界中の医療機関が生殖医療に取り組む中で、
生殖以前の、思春期の月経が始まった頃からの女性、
そしてパートナーとなる男性も、
体調管理と健康な生活習慣を身に着けることが、
後の生殖にとって非常に大事だとわかってきました。

そこで、
・2006年にアメリカで、
・2008年にイギリスで、
・2013年にはWHOが、
各国がプレコンセプションケアを進めるように、
という勧告を出しました。

日本には、世田谷区の成城学園、祖師谷大蔵のあたりに、
2002年にできた「国立成育医療研究センター」があり、
小児科から周産期医療までを総合的にみてきたのですが、
その中に2015年、プレコンセプションケアセンター
開設されました。

そこでは何をしているかというと、
・妊娠前の女性、カップルへの検診・カウンセリングと、
・妊娠、生理、女性器官についての相談外来、
・そしてセミナーなどでの啓蒙活動をしています。

検診・カウンセリングでは、
身体測定、血液検査、尿検査、腹部内臓エコー、骨密度、
感染症、子宮、卵巣エコー、細胞診と、
生活習慣のチェックシートをもとにアドバイス。
費用は約3~5万円。

啓蒙活動としては、2016年11月に開催された
オープンセミナーでのスライドが見られるようになっています。

このスライドをざっと見てみると、
基本的にやろうとしていることの方向性は、
私が日本妊活協会で学んできたこと、やろうとしていることと、
ほとんど一致するように思いました。

ARTなどの生殖医療や、バイオテクノロジーなど
先端医療がどんなに進んでも、それを活用する
土台となる、基本的な生活習慣や心の持ち方が
変わらなければ、それを活かすことができない。

しかしそこが底上げできれば、もっと医療の力を
活用して、望む未来に近づくことができる、
ということだと思います。

「コンセプション」は受胎という意味だと最初に
言いましたが、「概念」という意味もあります。

「概念=コンセプト」のことです。

受胎する、妊娠するというのは、ただの生理現象ではなく、
そこに「なぜ、どうしていきたい」というコンセプト
伴うものだということかな、と勝手に思いました。

そう考えると、当院での妊活サポートの第一歩である
「目標設定」ここがしっかりしているかどうかが、
妊娠にとって重要なんだなと改めて思えてきます。

ということで、第一回目のブログは、WHOを始め、世界が注目していて、
これから日本でも広まっていく大切な概念、
「プレコンセプションケア」について紹介させていただきました。

結婚されていない方や、すぐに妊娠したいわけではないけど、
いつかは子供を産みたいと思っている方や、
体調に不安がある10代、20代の方も、お気軽にご相談くださいね。

 飯田

~・=・~・=・~・=・~・=・~・=・~・=・~

「不妊治療・体外受精・妊活」をサポートする【旗の台整体院】

東急大井町線/池上線 「旗の台駅」徒歩3分
「荏原町駅」徒歩4分 「長原駅」徒歩10分
素朴な商店街「ふれあいロード」沿い、明るい1階店舗

TEL 0120-517-626『ブログを見て…』とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~18:00

お問い合わせフォームは年中無休、24時間受付中です。

スマートフォンの方は、便利なLine@もご利用ください

Line友だち追加
施術の予約や変更のご連絡、ご相談、24時間いつでもOKです。

ご質問・ご相談だけでもお気軽にどうぞ。
~・=・~・=・~・=・~・=・~・=・~・=・~

☆Facebookページでブログ更新情報をお知らせしています

お気軽に「いいね!」を押してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする